当事務所移転のオープニングパーティーでケータリングをしてくださったご夫婦からのご相談、「カフェハウスを建てたい!」。ここ!と決めた場所はあるものの、建物プランになかなか満足できず、当事務所を思い出してくださったそう。9坪というコンパクトな建坪に、住まいだけでなくカフェを併設したいというご希望を叶え、さらにその2つの空間がお互いを豊かにするように考えました。自分たちらしいこだわりを持つお二人の、お人柄や暮らし方がそのまま表現されているようなカフェハウスになりました。週末ひっそりとオープンするカフェは、まさにオーナーの家に遊びに行くような、親密感のある空間です。

1階のカフェとゆるく繋がる2階の床はスキップフロア。そうすることでカフェ部分の天井が高くなり、2階の大きな窓からの光がカフェにも差し込んで明るさと広さを確保できました。2階もワンルームながら、床や天井の高さに変化をもたせ、天井の高いダイニング、小さな小屋のようなベッドスペース、ロフトの下の隠れ家のようなキッチン+ワーキングスペースがあり、仕切ったスペースではないけれど、しっかりそれぞれの機能を持った居場所になっています。

家を育てていくという感覚をお持ちのお二人、カフェ部分の漆喰の壁はお二人と当事務所のスタッフも加わって一緒に仕上げました。建物の柱や梁の持つ木の素材感と漆喰がとても良く馴染み、庭に面した大きな開き窓とともに、オリジナルな雰囲気を作っています。窓の開いたカフェを外から見ると、オープンな雰囲気についつい中に吸い込まれてしまいそうです。近所の子供達が寄ってくるというのも頷けます。

Blog Preview

三角テラスのある家

家族3人で暮らす三角テラスのある家。日々、空を見ながら食事をし、鳥を数え、月の満ち欠けを知る。そんな暮らしをしたかったというご家族が、実際にそう暮らしています。見える風景はきっとずっと変わらないけれど、お子さんの成長とともに少しずつ暮らしをカスタマイズしながら、変化を楽しんで暮らしていただければと思っています。

続きを見る
Blog Preview

CAFE HOUSE

住まいだけでなくカフェを併設したいというご希望を叶え、さらにその2つの空間がお互いを豊かにするように考えました。自分たちらしいこだわりを持つお二人の、人柄や暮らし方がそのまま表現されているようなカフェになりました。

続きを見る
Blog Preview

縁側と茶の間のある家

天気の良い日は爽やかに、雨の日もしっとりと過ごすことができるような、季節や天候が良い意味で作用する空間になりました。家族の気配が、家のどこにいても感じられる「ひとつ屋根の下」の暮らしが、ご家族の成長を見守っていきます。

続きを見る
Blog Preview

原稿用紙のような家

家のあちこちに、本はもちろん舞台に関わる小物などが取り入れられ、自然に舞台を連想してしまう暮らしです。書く、編集する、創りだすといったお客様のライフワークを、ライフルスタイルにもうまく組み込んだ空間ができました。

続きを見る